裏日本観察学会・突撃巡礼隊

各地の寺院や神社、霊場の参詣記、納経帳(御朱印)の記録を中心に、面白スポットや街角で見たものなども紹介します。 ※写真(サムネイル)はクリックすると拡大します。

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瀧谷寺(福井県あわら市) 平成19年10月28日

摩尼宝山法幢院瀧谷寺(たきだんじ)・真言宗智山派
画像 016 画像 013
 今晩泊まる旅館に車を置き、それから電車に乗って三国まで行く。広々とした田園地帯を一両編成のローカル電車に揺られると、一昔前の「いいちこ」や「ニッカウヰスキー」のCM気分だ。三国駅を下りるとそれから歩いて瀧谷寺へ向かう。ずっと「たきだに」だと思っていたが「たきだん」だと知った。
 うっそうと茂るツバキに囲まれた参道を歩き山門をくぐると、苔むした前栽が印象的な境内へと着いた。古びた堂宇と調和した、ここまで見事な苔庭だと思っても見なかったため、実に印象的。本堂に上がると、歴代の福井領主の祈願所だった事や、いままで火事にあったという記録がない事など簡単な寺内説明があった。
 本尊は薬師如来。念誦読経していると、ネコが一匹上がり込み外陣をのっそりと歩いていた。

画像 012 画像 014
 観音堂の本尊は如意輪観音。堂の前栽は心字の石庭、そして東側には石塔や石仏が並んでいる。
 本堂裏には国名勝の築山式庭園となっている。

画像 015

室町時代に作られた重文の鎮守堂。
この後に宝物館で国宝「金銅毛彫宝相華文磬」や重文の「絹本着色地蔵菩薩図像」、「天乃図」を拝観する。地方の寺社では国宝を有していても、普段は観覧できない事が多いが、ここは常に見る事ができるようなので、思いもよらない眼福だった。


瀧谷
瀧谷寺納経朱印

 瀧谷寺を後にして少し遅めの昼食とする。目に付いたすし屋でちょっとリッチに海鮮丼とビール。甘エビ、生ウニそして越前米がうまい。すっかり満腹、満足になると、早起きと運転の疲れも出たのか少し眠くなる。港の方も散策しようと思っていたが、予定を早めて芦原行きのバスに乗った。
スポンサーサイト

テーマ:寺巡り - ジャンル:旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamakazudd51.blog90.fc2.com/tb.php/267-ff00646a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

山カズ大王

Author:山カズ大王
裏日本観察学会会長
仏歴2518年(昭和50年)生誕

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。