裏日本観察学会・突撃巡礼隊

各地の寺院や神社、霊場の参詣記、納経帳(御朱印)の記録を中心に、面白スポットや街角で見たものなども紹介します。 ※写真(サムネイル)はクリックすると拡大します。

2017-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根関所跡(神奈川県箱根町) 平成19年11月9日

画像 016 画像 015
 『頭文字D』よろしく、「羊腸の小径」と歌われたつづら折りの箱根街道を走り、一路芦ノ湖方面へ。その途中に名物「甘酒茶屋」に立ち寄る。この茶店は案内板によると、『忠臣蔵』で神崎与五郎が詫び証文書く下りの舞台とのこと。
 甘酒を頼むと、蕗のしょうゆ漬けも付いてきた。しみじみとした素朴な甘さに、蕗のほろ苦さが調和する。風が吹くたびにさらさらと葉が落ちてくる。やっぱり関西よりも秋が進んでいるんだな。

(ところで『頭文字D』のタイトルが、『江頭D』に見えるのは私だけなのかしら…)


画像 019 画像 017
芦ノ湖近くの駐車場に車を止めて、旧街道の杉木立を散策。「昼なお暗き」は昔の話と、続く足で関所跡へ。
「入り鉄砲に出女」というが、「入り鉄砲」は浜名湖付近の新居関で念入りに調べられるので、箱根の主眼は「出女」とのこと。

画像 018 画像 020
いかめしく高札や槍などを並べて、当時の様子を再現。
オモチロイなと思ったのは展示される侍や足軽、馬などの人形。これらはすべて彩色が施されていない。その理由は、関所再建の元となった資料には、衣服などの形状は分かっても生地や色、毛並みまでは不明。だから後生に誤った時代感を残すことを避けるため、勝手な彩色をすることなくモノクロのままにしたという。その心意気やよし。

スポンサーサイト

テーマ:史跡巡り - ジャンル:旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamakazudd51.blog90.fc2.com/tb.php/273-65fdff03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

Author:山カズ大王
裏日本観察学会会長
仏歴2518年(昭和50年)生誕

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。