裏日本観察学会・突撃巡礼隊

各地の寺院や神社、霊場の参詣記、納経帳(御朱印)の記録を中心に、面白スポットや街角で見たものなども紹介します。 ※写真(サムネイル)はクリックすると拡大します。

2017-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大湧谷(神奈川県箱根町) 平成19年11月9日

画像 033関西に住んでいると活火山とか、硫黄臭漂う光景というものに出会うことがない。
大湧谷はたくさんの観光客であふれていたが、そんなことはまったく気にならないほど、初めて見るような光景だった。
辺り一面の硫黄臭にところどころ吹き出るガスや温泉。地球の動きを感じさせる。


画像 035 画像 034
天気が良ければ芦ノ湖や富士山も見えるのだろうが、午後から曇り空となったので、望むべくもない。その半面、荒涼とした風景によりすごみが増したともいえる。
名物の黒玉子をゆでる温泉もすごいにおいがする。

画像 032

入り口には弘法大師がこの地を鎮めるために刻んだという、延命地蔵菩薩が安置される。多くの人が行列をなして地蔵尊を参拝していた。
ここも箱根の「地獄」だったのだろう。


画像 036名物の黒玉子。6個で400円なり。
温泉の鉄分と混じって唐が黒く変色したもので、むくと中身は普通のゆでたまご。白身が少しもちもちしたような触感だった。
とはいえ、1人で6個も食いきれない。2個食べた後、近くにいた老夫婦におすそ分けした。


 その後、強羅へと降りて宮城野温泉へと向かう。今夜の宿は「いこい荘」。少し古びた温泉宿だが、掛け流しの湯が楽しめる場所。大湧谷で冷えた体を温めようと早速浴場へ。小さな湯船だが一人ではいるのは充分すぎる大きさ。お湯は無色透明で無味無臭。少し熱めだが、なぜかしらいつまでも入っていることができる。ものすごく体に優しいお湯だ。
 体もほかほかしてきたし、少し散策しようかなと町に出たがごくごく普通の山あいの集落。その上、雨も降り出してきたので急いで宿に戻り、ロビーでくつろぐことにした。宮城野の地誌が置いてあったので、パラパラと眺める。旅先で地誌を読むと本当に旅情を感じる。
 もう一度入浴して食事とする。豪華なおかずはなかったが、一品一品が丁寧な料理。部屋に戻って文庫本を読んでいると、外の雨音が大きく聞こえてきた。どうか治まってくれよと願いつつ、いつの間にかうとうとして記憶が途切れてしまった。
 2時間ほど眠ってしまったか、もう一度体を温めてから寝ることにしようと浴場へと向かう。雨は少し治まったようだ。
スポンサーサイト

テーマ:♡温泉だいすき♡ - ジャンル:旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamakazudd51.blog90.fc2.com/tb.php/276-a5e68613
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

Author:山カズ大王
裏日本観察学会会長
仏歴2518年(昭和50年)生誕

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。