裏日本観察学会・突撃巡礼隊

各地の寺院や神社、霊場の参詣記、納経帳(御朱印)の記録を中心に、面白スポットや街角で見たものなども紹介します。 ※写真(サムネイル)はクリックすると拡大します。

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修禅寺(静岡県伊豆市修善寺) 平成19年11月10日

 熱海から修善寺までの道のりは、途中で「本当にこの道で合っているのか?」と不安になるような、細い路地を通ることになる。それでも山伏峠付近は整備されていて安心するが。ともかく、ミカン畑を幾つも通り過ぎ修善寺温泉へと向かう。

福地山修禅萬安禅寺・曹洞宗
画像 054 画像 056
土産物屋が軒を連ねる温泉街を抜けると、修禅寺に到着する。修善寺温泉の中心地にあるだけあって、多くの参拝者がいた。
本尊は大日如来。地名は修寺だが、寺号は修寺。弘法大師が温泉を開いたとの伝承があり、当初は真言宗、その後に臨済宗、曹洞宗へと改宗された。
境内は少しだが楓が色づいていた。宝物館で大日如来像や『修善寺物語』のモデルとなった古面などを拝観する。

画像 057

山門すぐ近くの川には、
弘法大師が掘ったという元湯「独鈷の湯」が湧く。
足湯にみんな漬かっていたが、
あまりの人の多さに遠くから眺めるだけにした。


画像 058

唯一の外湯「筥湯(はこゆ)」に入る。
まだ館内は真新しく観光客向け施設かと思ったが、350円という入浴料なので地元向けかもしれない。特徴がある湯ではなかったが、広い湯船には少しぬるめの湯なので、のんびりと入るにはいいかな。
かつては川沿いに外湯があったというが、湯原や川湯、下呂のような雰囲気だったのだろうか。それが残っていれば、野趣あふれる温泉地だったかもしれない。


名称未設定 4
修禅寺納経朱印
スポンサーサイト

テーマ:寺巡り - ジャンル:旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamakazudd51.blog90.fc2.com/tb.php/279-e5e43d9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

山カズ大王

Author:山カズ大王
裏日本観察学会会長
仏歴2518年(昭和50年)生誕

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。