裏日本観察学会・突撃巡礼隊

各地の寺院や神社、霊場の参詣記、納経帳(御朱印)の記録を中心に、面白スポットや街角で見たものなども紹介します。 ※写真(サムネイル)はクリックすると拡大します。

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊豆長岡温泉(静岡県伊豆の国市) 平成19年11月10日

 修善寺から狩野川沿いに進んで長岡温泉へと向かう。知らなかったが走湯・修善寺と並ぶ伊豆では古い温泉地とのことだった。今晩の宿、千歳荘に荷物を置いてさっそく、温泉街を散策する。街の真ん中に源氏山という小さな山があり、温泉地は古奈と長岡に分かれている。

湯谷神社
画像 059 画像 060
宿近く、源氏山ふもとに鎮座する。「古奈権現」というバス停が近くにあったので、ここの神社を指すのだろうか。
祭神は大己貴命・少彦奈命。社伝によると古奈の源泉があった場所だとあり、明治までは鳥居の近くに湯が沸いていたとあった。

湯谷山薬王林長温寺・曹洞宗
画像 061

湯谷神社へ至る道の途中に建つ小さなお寺。寺号から察するに湯谷神社の別当だったのだろうか。
本尊は薬師如来。本堂前には仏足石が置かれる。


 源氏山の山沿いに歩き長岡地区へと歩く。古奈は古い温泉だが、長岡は明治開湯だという。こちらの方がかつての歓楽街を思わせるような雰囲気だった。古奈からここまでは1kmほど歩くが、わざわざここに来たのもカーナビによれば共同浴場があると知ったため。ところがいくら歩いてもそれらしき施設は見あたらない。「共同浴場」を示す看板はあるのだが、さっぱり分からない。あれこれうろついているうちに雨が降り出したので、急いで宿に戻った。
(後で知ったが共同浴場は取り壊され、まったく新しい立ち寄り湯ができたとのことだった)

温泉神社
画像 062

小さな山の中にあった神社。
祭神、由来などは不明だった。


今夜の宿も掛け流しの温泉。湯は無味無臭で結構熱く、疲れが吹き飛ぶようだ。マッサージ付きのパックで泊まったので、入浴後は体をもみほぐしてもらった。なんだか典型的な温泉旅行だな。
スポンサーサイト

テーマ:♡温泉だいすき♡ - ジャンル:旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamakazudd51.blog90.fc2.com/tb.php/280-d0e56a56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

山カズ大王

Author:山カズ大王
裏日本観察学会会長
仏歴2518年(昭和50年)生誕

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。