裏日本観察学会・突撃巡礼隊

各地の寺院や神社、霊場の参詣記、納経帳(御朱印)の記録を中心に、面白スポットや街角で見たものなども紹介します。 ※写真(サムネイル)はクリックすると拡大します。

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白糸の滝(静岡県富士宮市) 平成19年11月11日

 浅間神社門前で名物の焼きそばを食べる。バラックのような小さな店が何軒も軒を並べる空間で、その中央には富士の伏流水が湧き出て、それを自由に飲むことができる。
 さて、せっかく、ここまで来たのだから白糸の滝を見物して帰路につくことにした。途中、何度も富士山を見るが、周囲は雲がないのに、富士山だけが雲に包まれていた。

白糸
何の前知識なく向かったので深山幽谷の地かと思ったが、意外と平地で拍子抜けした。
土産物屋が軒を連ねる道を下りていくと滝が見えてくる。だいたい滝というと山を登って見るというのがほとんどなので、下りて見るというのは初めてだ。
しかし、そんな平坦な地でこれだけの飛瀑が見えるのだから、富士の有する水量の多さに、あらためて驚く。

画像 081

正面滝壺以外にも、その周囲にはさながら帳(とばり)を降ろすかのように、幾筋もの細い滝が落ちる。たくさんの観光客でにぎわっているが、喧噪なんか気にならないほど、きれいな水が流れる。
やっぱり、水のある風景っていいなあ。

画像 082 画像 084


画像 074入り口すぐ近くには音止めの滝がある。こちらは大きな滝だが、ある意味、平凡な姿のためか見物人は少ない。山奥にあればもっと人気が出たかもしれないのに。なんだか実力はありながらも周囲の環境のため力が発揮できない人のようだ。
名の由来は、曾我兄弟が仇討ちの手はずを相談していると、滝の音で声がかき消されたので神に祈ると滝の音が止まったという伝承から。
それならほかの場所で相談すればいいのに…などと考えるから、いくら霊場巡拝しても当方は「至誠天に通じ」ないんだろうな。


スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamakazudd51.blog90.fc2.com/tb.php/283-20cafa74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

山カズ大王

Author:山カズ大王
裏日本観察学会会長
仏歴2518年(昭和50年)生誕

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。