裏日本観察学会・突撃巡礼隊

各地の寺院や神社、霊場の参詣記、納経帳(御朱印)の記録を中心に、面白スポットや街角で見たものなども紹介します。 ※写真(サムネイル)はクリックすると拡大します。

2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常隆寺(兵庫県淡路市久野々) 平成19年2月17日

 昨日まではいい天気だったのに、この日になって雨模様とはつくづく日ごろの行いの悪さを悔やむ。と、反省するフリをして淡路島へ向かう。明石海峡大橋を渡り北淡ICを下りてしばらく田舎道を進む。すると「常隆寺」への小さな案内板が細い脇道を差していた。
 車1台がなんとか走ることができる山道なので、「対向車が来ませんように」と願いつつハンドルを握る。

20070220132603.jpg 山頂近くに常隆寺は建つ。桓武天皇勅願、早良親王(崇道天皇)霊安寺。淡路三山の一つ。
山号:栗村山
寺号:常隆寺
宗派:高野山真言宗
釣り鐘の下がった山門。

20070220132651.jpg
 左奥に建つのが本堂で、本尊は十一面千手観世音菩薩。行基が当地で光を放つ栗の大木を刻んで安置したという。淡路西国霊場の31番札所。


20070220132633.jpg
 護摩堂は本堂の左側に建つ。曇り空のせいかもしれないが、古い石塔などが立ち幽玄な雰囲気がする。


20070220132712.jpg 本堂と護摩堂の間に石鳥井が立ち、さらに山上へと続く小道がある。この付近は椎や杉などの原生林で県の天延記念物に指定されている。しばらく歩くと鈴木重胤(幕末期の国学者)が天神地祇が拝んだ場所という石碑が立っている。
 さらに歩むと小さな社に到着。ここは伊勢の森と呼ばれ、常隆寺山の山頂になるが、展望はあまり良くない。標高は515.3m。伊勢から大和、淡路に連なる緯度34度32分を「太陽の道」と称するが、ここも太陽信仰、天道信仰の場所だったのだろう。栗の木が光明を放ったという開山伝承も、クリは「来る」の転訛と考えれば古代の太陽信仰が仏教化したものだろうか。

20070223205556.jpg
常隆寺納経朱印
スポンサーサイト

テーマ:寺巡り - ジャンル:旅行

コメント

太陽の道

先般、一月末に初詣と願掛けにお伊勢参りに行って参りました。
古式通り、伊勢斎宮跡→伊勢二見浦で興玉神社(猿田彦大神)参拝、海岸で海水にて禊ぎ、→外宮(昇殿及び御垣内参拝)→内宮(五十鈴川で禊ぎ、昇殿及び御垣内参拝)。途中、内宮摂社月読宮と猿田彦神社にも参拝しました。o(^-^)o
ところで、常隆寺と伊勢二見浦の興玉神社(夫婦岩)はGPSでも全く同緯度上に有り、どちらも行基菩薩の開基ゆかりの場所です。常隆寺はご本尊も上人の作と伝え聞きます。
マタ、伊弉諾神宮と伊勢内宮も全く同緯度上に有ります。(GPSで確認済み)
伊勢は天照大御神の日が昇る常世の風の吹く国、淡路島は日が沈む伊弉諾大神の鎮まる。日の少宮(ワカミヤ)、幽の宮の国。どちらも神話上重要な地域には間違いないものと思います。重要な親子神が上空(宇宙)から測ったように偶然か東西同一線上にお奉りされて要るのには神秘的かつ何かしらの意図が働いて居るようにも思います。
マタ、一節によると山岳修験道の社は淡路島を向いているとか!?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yamakazudd51.blog90.fc2.com/tb.php/95-d05fbf12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

山カズ大王

Author:山カズ大王
裏日本観察学会会長
仏歴2518年(昭和50年)生誕

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。